« 2011年6月 | トップページ | 2012年1月 »

イーオン・フレックス ☆☆

あまり、この手の作品は好きではないけど

ヒロインがキレイだから観ようと思った。

女同士のリアルなバトルは見苦しくて嫌い。

でも、テーマに愛情とか友情がきちんと描かれている。

恋人への愛、妹への愛、仲間への愛

何気に人恋しくなる作品でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルベール<帰郷>☆☆☆

ペネロペ・クルス主演

タイトルから想像していたのとはまるで違う作品だった。

なんともやりきれない思いと、女の強さを感じる作品。

作品中に流れるタンゴがまたグッと引き締めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デンジュラス・ビューティー ☆☆

タイトルあまり良くないですね。なかなかチョイスしなかった。

サンドラ・ブロック主演ということでやっとチョイス。

サスペンスというよりは、ライトコメディーというところでしょうか。

サンドラ・ブロックさんは、色気のない頭のよい女性の役が多いですね。

そういう芝居がまた上手いから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーフィート ☆☆

ペンギンが踊ってるだけだって聞いてたから、なかなか観るチャンスなかったけれど、家で仕事しながら観てたら面白かった。

ダンスやってる自分には、リズムが心地よい。

ペンギンの世界で描いているけれど、人間の世界にも当てはまる光景はあるし、なんだか涙でてきちゃった。

声優陣も豪華だし、歌もステキだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大帝の剣

阿部寛、長谷川京子他、演技派の役者さんが多数出演されていて、役者さんを観ている分には面白かった。

邦画のSFはまだまだだなぁと思っちゃいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラム・ファタール ☆

アントニオ・バンテラスの名前でチョイス。

ラストまで観ないと面白さがわからない。

ヒロインは悪人なのに、やり直しがきいちゃっていいのかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2012年1月 »