« 2012年5月 | トップページ | 2012年12月 »

トランスポーター☆☆☆☆☆

リュック・ベンソン監督作品はスピード感が魅力。気軽に他のこともしながら観ようと思ったら、集中して見いってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アザーマン もう一人の男☆☆

アントニオ・バンテラス出演作品ということでチョイス。
あんまりいい役じゃなかったな。
魅力が引き出されてなかった感
役所的にリーアム・ニーソンの勝ちは仕方ないか


男の嫉妬…怖い
でも乗り越えてくれてほっとした
っていうか、相手が大したことない男だったからだろうな

バンテラスの魅力がもっと出たキャラだったら、怖い


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャケット

ジャケットが拘束衣のことだとわかっていないと、この作品の見所に気づけないかもしれない。
ちょっと難解だった。
時をいったり来たりするサスペンス…
湾岸戦争を背景においているから、いろんな思いが込められているのだと思う。
私には理不尽な社会に翻弄された不運な男の物語として、切なさが残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年12月 »