最後の初恋☆☆☆

ダイアン・レインとリチャード・ギア

よかったです

ボロボロ泣いちゃいました

ある程度の人生経験を積んできたから、こんな出会いもあり、恋もある

手紙のやりとりが、どんなに心の支えになっているか

たとえ再会ができなかったとしても、お互いの存在を感じ会える感覚

やっと会えると思ったら、突然の訃報

これはあまりにやりきれなかった

そこからどう立ち直るのかな

そこまでは描かれてないので、泣いただけで終わっちゃったよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NANA2 ☆☆

大好きな姜クンが出演ということで、映画館まで足を運んできました。

消化不良だった前作から比べると、それぞれの登場人物がどう考えて行動しているのか、それぞれの思いが伝わってきました。

ビジュアルだけでなく、ハートもナイスなミュージシャンたちでした。

前作ではどちらかというと嫌いだった大崎ナナだけど、今度はとっても可愛く感じました。人間として魅力ありました。

ヤスもノブもシンもレンもみんなハートがカッコイイ。

タクミはまだまだ謎です。

ハチは、こういうシンデレラストーリーって許されるのだろうか。

私はこういう子、好かんので。。。

まぁ、クリスマスにカップルで観るのにはいいかなと思う作品に仕上がっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

21グラム

重かった。

21グラムとは、魂の重さ。人は死ぬと体重が21グラム軽くなるのだそうだ。

事故で夫と2人の娘を一度に失った女性。

事故を起こし、男と2人の少女をひき殺してしまった男。

余命一月と宣告されていたところに、ドナーが現れて心臓の移植手術を受けた男性。

それぞれの家庭を交互に描きながら進行していく。

いろいろな問いかけのある作品だったと思う

続きを読む "21グラム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)