Recent Trackbacks

管理人の別の顔

  • TAME
    映画とダンス番組の感想

« 本日は、ひな祭り | Main | D-51 »

03/05/2006

二宮金次郎さん

お天気がよかったので、どこか連れてってとうるさい子供たち。

さてどこに行こうかなと栃木県二宮町にドライブしてきました。

二宮尊徳さんが農村復興の拠点としたところで、町名はそこから由来しているそうです。

二宮尊徳資料館でお話を聞かせていただき、ビデオを見せてもらいました。kinjirou

二宮金次郎というと、芝を背負って本を読んでいる像しか思いつかない方も結構いるのではないでしょうか。

で、娘に聞いたら「学校の怪談」しか知らないとなんとも情けない答えが返ってきました。

もともとは小田原の人で、裕福な家庭だったそうです。でも5歳の時に川が氾濫し田畑が流され貧乏に。16歳でお父さんが亡くなり、続いてお母さんも亡くなり、幼い弟たちを母方の実家に預け、自分は祖父の家で生活をしたのだそうです。芝を背負って本を読んでいたのは、その頃の話だそうです。当時、「論語」や「大学」といった書物を読んでいたことが、後に役に立ったのですね。

26歳で家を買い戻し、名主さんになったそうで、そのことが領主の耳に届き、召抱えられたのだとか。でも、もともと農民なので周りのやっかみがひどく、領主の従兄が治める桜町に赴いたのだそうです。資料館の裏にはその陣屋跡がありますjinya

身長182センチ 体重96㎏もあったそうですから、大柄な方だったようです。資料館の方が1円札を見せてくださいました。1円札は二宮尊徳さんだったんですね。

本名は、金次郎ではなく金冶郎なのだそうです。ご長男ですから。

功績を表彰された時に、表彰状に記載した方が字を間違えたらしいのですが、あえて訂正せずにそのままにしたのだとか。

なかなか有意義な休日だったです。

« 本日は、ひな祭り | Main | D-51 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 本日は、ひな祭り | Main | D-51 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ヨッシー

  • 占ってみる?
  • ヨッシーをクリックするとおしゃべりするよ
無料ブログはココログ