Recent Trackbacks

管理人の別の顔

  • TAME
    映画とダンス番組の感想

« 久々の更新 | Main | 今年の花見は・・・ »

05/04/2011

私の3月11日

仕事は相変わらず忙しかった

原稿も抱えていたし、インターンシップの真っ最中でプログラムを組むのに追われていた

そんな最中の震災

職場はビルの7階 あの揺れの怖さは忘れられない

揺れがおさまり外に出た光景は、映画のワンシーンのようだった

明治通りの沿道は、それぞれのビルから出てきた大勢の人で埋め尽くされていた

何が起こったのか、これからどうなるのか 

そこにいる全ての人の不安は同じものだったと思う

外に出た直後、アッキーから電話がかかりその心配の度合いからことの大きさを改めて実感した

私は大丈夫だから子供たちに連絡をとってちょうだい

私の口調は穏やかではなかったと思う

それ以降、携帯で誰とも連絡がとれなくなった

もっと話しておけばよかったと後悔しても遅かった

電車はまず動かないだろうと考え、バイトに出ているはずのMIOと合流することだけを考えた

バスは動いている

そう判断して会社を後にした私だったけれど、まさか電車で20分ほどの距離を7時間かけてバスで移動することになろうとは思いもしなかった

夕方5時に表参道からバスに乗った私が、池袋に到着したのは午前2時

寒さをしのぐだけでもいいとバスから降りずに終点まで乗って行った

バスの中は、知らない人同士の中にも不思議な連帯感が生まれていて、人っていいなと思える暖かさが満ちていた

途中、実家と電話がつながり自分の無事を伝え、家にいるRINとJUNの無事の確認がとれた

誰もMIOとの連絡がとれず、どこにいるのかつかめないまま朝まで駅で待つことにした

昼から何も食べていなかった私は、暖をとることと何かお腹に入れることを考えて開いているお店を探した

幸い1件の飲み屋さんをみつけ、一人で焼酎のお湯割りを飲みながら朝になるのを待った

一人で夜中にお店に入るなど、普段ならあり得ない行動ながら、ちょっと自分で強くなったなと感動

しかし、何事もなかったようなお店の様子に安堵し、まさか東北ですごいことが起きているなどと知る由もなかった

明け方、駅に行き人だかりのしている方に行くと、駅構内のテレビジョンには津波の映像が映し出されており、事態の凄さに絶句

とにかく早くMIOと合流しなければならないと思った

JRが動かない以上、帰宅ができない私は池袋の駅でMIOが来るのを待つしかなかった

幸い、バイト先の先輩のお宅に泊めていただくことができたMIOは元気そうに駅に現れた

駅前のマックでバイトしていたMIOは、また貴重な体験をしていた

私たちが帰宅難民になっているというのに、アッキーは新幹線で名古屋からかけつけることができ、東京駅で合流

親子3人で長時間かけての帰宅の途についた

電車やバスを乗り継いで、地震発生後会社を出てから24時間後にやっと自宅に帰りついた私

普段、敬遠しているRINとJUNが二人で夜を過ごすことになったのは、いい経験だったと思う

後日、アッキーと池袋に夜中に私が一人で入ったお店に行ってみた

昼間はなんとオシャレなうどん屋さんで、人気のあるお店らしく混んでいた

うどん屋さんだったなんて、全然気付かなかったことに苦笑

Jagamoti_2

また、池袋に行くことがあったら立ち寄りたいお店が増えた

« 久々の更新 | Main | 今年の花見は・・・ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 久々の更新 | Main | 今年の花見は・・・ »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ヨッシー

  • 占ってみる?
  • ヨッシーをクリックするとおしゃべりするよ
無料ブログはココログ